27歳になりました。節目なので目標を10個洗い出してみた。

8月9日に27歳になりました。
(お祝いしてくれる優しい人がいたらKindleの本が欲しいです。Amazonのほしい物リストはこちら

27歳を迎えるタイミングで、なぜか義理人情とかリーダー論を考えていたあたりが僕らしくていいなと笑
リーダ論はさておき、義理人情の部分は僕が絶対に譲れないポイントであり、年齢、性別、関係なく出会った全ての人に対して義理人情だけは絶対に突き通す人生を歩む、これは大学時代に決めたことです。

好かれたり、嫌われたり、そういったことは生きてたら山ほどある。
それでも人としてやってはいけない接し方がある。これは人それぞれの道徳観で、どれが正解ってものでもないけど、少なからず自分自身の思う義理人情は突き通す、そう改めて心に決めた27歳の幕開けでした。

もう一つ。
これまで明確な目標を公言する、ということは基本的に避けてきたんですが、僕の意気込みが続く限りは毎年10個、具体的な目標を立てようと思います。

それを行う日を誕生日にしようと思います。


では、27歳の年に目指す目標を10個!!

北海道に行く

実はまだ行ったことがないんですよね。
ウィンタースポーツ好きだし、魚介好きなのに行ったことないはダメでしょう、とずっと思っていたので、必ず行きます。

北海道行ったら、誰か一緒にウィンタースポーツしてください。

誕生会を開く

数年前くらいから、芸能人の方が開くのはよく耳にするようになってきました。
この歳になると自分自身の誕生日が嬉しいとか、そういった喜びはだいぶん減ってきました。

お祝いメッセージを通じて、疎遠だった人とご飯行く約束ができる

ことが嬉しかったりします。
偶然にも来年の誕生日は日曜日なので、土曜から誕生日会をはじめて、日付を超えたら解散のような誕生会を開きます。

オリンピック最終日と被るので人を集めるのも、場所を抑えるのも大変そうだけど、少ない人数でもいいので、やってみようと思います。

みんな参加してね笑

若いのに凄いね、を言わない

年齢を重ねることで得れる経験値は大きいです。
日々、先輩方から多くのことを学でんいます。

一方で、「若いのに凄いね」という言葉には、どこか年齢の割にはというニュアンスが含まれているように感じます(僕がひねくれているだけです)

これまで、僕も言われる機会は結構ありましたが、正直いやでした。年齢なんて関係ないよ!と(ひねくれているだけ)

27歳を迎え、僕より若い人に頻繁に会うようになった今、今度は僕が言わないようんしようと思います。

僕の評価軸に、年齢は含めないです、っていう意思も込めています。

腹筋を割る

健康の一環として筋トレを最近はじめました。
といっても、まだまだ自分に甘々なトレーニングしかしてないので、来年の誕生日は、腹筋が割れた状態で迎えようと思います。

nukumo boxを300人以上に使ってもらう

nukumoの事業として、nukumo boxの準備を進めています。
自分の使っていない資産をシェアするためのプラットフォームとしてnukumoを運営してきた中で、資産受け渡しのハードル、を強く感じていました。

職場は異なる、住んでいるところも異なる
無料で何かを貸すために日程調整をするのは、正直めんどくささがありました。

そこで、毎日通う職場、頻繁に出入りする施設、にnukumo boxという資産を物理的に置ける場所を提供していきます。

詳しい説明をすると長くなってしまうので、今回は避けますが、このnukumo boxを企業さんやコミュニティベースの導入を2020年より予定しており、その利用者数を300人を目指します。

メディアやイベントに30回以上でる

クローズドでコミュニティを大切にやってきたnukumo
それは今後も変わりませんが、nukumoの存在が知られないと届くべき人に届きません。なので、今後は積極的にメディアやイベントへの露出を増やしていこうと思います。

メディア運営者やイベント主催者の方々、ご機会あれば、よろしくお願いします。

映画を映画館で5本以上見る

ここ数年、映画をほぼ見てこなかったので、映画を見る年にします。

映画から学べることってかなり多いですよね。
ジャンルは何でも良いので、少なくとも5回は映画館に足を運ぼうと思います。

アジアに行く

海外に行くとしても英語圏かヨーロッパばかりだったので、行ったことがないアジアの国に行きたいです。
といっても、アジアで行ったことあるのは、マレーシアのみ。

候補が多すぎて、ここ!ってところは特にないので、オススメの場所あれば教えてください。

エンジニアとしての時間を半分以下にする

モノを自分自身で作ることも好きなんですが、それ自体にはこだわっていません。なので、僕自身がエンジニアである必要性は全くない、というのが基本的な考え方です。

僕より優れたエンジニアは山ほどいるので、彼らを活かせる環境を構築して、僕は僕のできることをする、が今目指したいところです。まだ、その環境を作れていないので、この一年でしっかり作っていきます。

エンジニアリングが大好きで、nukumoにも共感してくれる人いたら連絡ください。どんな働き方でも僕らはWelcomeな組織です!!

愛す対象を新しく作る

愛している、好き、これは僕の中でかなり明確に区別があります。

あの子が好き
というのは、彼女との関係性など多くの要因に左右されるものだと思います。

好きとは儚いもので、永遠とは続かないもの
というのが僕の定義です

一方、愛している状態というのは、どんな影響にも左右されず永遠と自分にとって特別な存在だと心の底から思えること

まさかの、おぐりんから恋愛の話?と思うかもしれませんが、これは全て「マンチェスター・ユナイテッド」から学んだことです。

残念ながら、愛する女の子に学んだみたいなロマンチックな話ではないです笑。

僕がユナイテッドを好きになったのは中学生の頃。
そこから月日は流れ、かれこれ15年くらいサポーターをしています。

この15年の間で僕は明確に好きの状態から愛しているの状態に変わりました。
サッカーを好きな方はご存知の通り、15年前に比べ、今のユナイテッドは弱いです。それでも僕は日々彼らの情報を追っているし、どんな予定よりもユナイテッドの予定を優先させます。

それはもう好きとかっていう感覚ではなく、僕の人生そのもの。

この感覚をマンチェスター・ユナイテッド以外にも味わいたい
これは一長一短で培われるものとは到底思えていないので、正直達成できない可能性はかなり高いです。

どれだけ夢中になれたか、は愛す状態に持っていくには重要な要素だと確信しています。

愛する女性が現れているかもしれない(ちなみに数年前に道端で手相占いされた時には28歳で大恋愛をする、と言われました笑)し、今では想像もできない新たな趣味が愛す対象になっているかもしれない。

とにかく好きなことに夢中な日々を生きる27歳でありたいと思います。
今後とも、よろしくお願いします。