IoTの普及に必要なこと。自由な組み合わせが生む可能性。

久しぶりのOGURIN NEWSです。

これまでは、ニュースに対してのコメントを1週間分まとめて記事にする、っていうのを行っていました。

過去記事
2018年5月7日-2018年5月13日の気になったニュース
2017年10月30日-2017年11月5日の気になったニュース

ただ、更新は完全に途絶えてしまっていて
OGURIN NEWSの方向性どうしようかな…って考えてたんですが、毎週更新は辞めることにします。

 
今後の方向性としては、
一つの記事について、がっつりと自分の考えを書く(不定期)
とします

では、早速今回のコラムです。

 

業界初のIoT冷蔵庫

今回ピックアップしたのは、シャープらから業界初のIoT冷蔵庫が販売される、というニュース

調理器具にレシピ送信…業界初の「IoT冷蔵庫」発売へ シャープ

タイトルが少し誤解を招きかねないんですが、
IoT冷蔵庫が業界初というわけではなく、冷蔵庫と調理家電を連携できる点が業界初だよ、とのことです。

この冷蔵庫と連携可能な調理家電を使えば
冷蔵庫の中身に応じて献立を提案してくれるという何とも楽しそうな機能です

 

既に販売されているIoT冷蔵庫はどんなもの?

シャープから既に販売されているIoT冷蔵庫は
COCORO KITCHEN」という文言で売り出している製品で
献立・買物のお悩みを冷蔵庫がアドバイスしてくれるというもの。

YouTubeに公式の動画がありました!

冷蔵庫のドアについたモニターを通じ
献立や買い物の提案などをしてくれるというもの

スマホと献立情報を共有できるので、買い物先では選んだ献立に必要な材料を確認しながら購入できるようです

 

新しい機能は何がパワーアップしたのか

この冷蔵庫に機能追加という形で
調理家電との連携が可能になるとのことだけど、それによって何が嬉しいのか

記事に書いてあるのは以下

冷蔵庫が庫内の食材を元に献立を提案する機能で、利用者が献立を選ぶと、冷蔵庫が調理家電側にレシピを送り、細かな設定をせずに調理に取りかかれる

産経ニュースより一部引用

調理器具側の設定が不要になる、と。
~モードとか設定しなくて済むんでしょうね。これは便利!

どんな設定があるのか
気になって一応調べてみました…あれ…

操作特にない?
ボタン押すだけ?簡単やん!(笑)

と思ったら、案外面倒でした。
説明書(P14-15)によると、カレースープ、煮物などカテゴリーと時間の設定が必要とのこと。

なるほど、この設定は作るものに依存しているので、冷蔵庫のモニターを通じ作るものを決めれば、その調理内容にあわせて設定してくれる、ってことか!

確かに、手間は減るので便利!

 

冷蔵庫×IoTは他にもこんな面白いものもある!

Ovie Smarterwareってご存知ですか?
おー!と思わず感動したプロダクトです。

冷蔵庫の中にあるものって、結構食べれなくなって捨てたりしてませんか?
それを解決してくれるもので、この会社のビジョンととても一致している素敵なプロダクトです。

Ovie was founded with a clear goal: reduce food waste.

Ovie Smarterware公式より引用

Alexaと連携できるのもなかなかいけてますよね

 

IoTの今後

記事中にあったシャープの製品しかり、Ovie Smarterwareしかり、まだまだこれからのプロダクトです。
今後どんどん様々な機器のIoT化が進み、インターネットに繋がっている、が当たり前な世界になると思います。

では発展途上のIoTの世界は今後どう進化していくのか。
僕の見解を述べて行きます。

ようやく本題です(笑)

 

インターネットに繋いだら何ができるかが重要

インターネットと繋いで
どんな情報を提示するのか、どんな課題を解決するのか
この観点が非常に重要です。

今回紹介したシャープの製品でいえば、
まず冷蔵庫の在庫を把握することで献立という情報を提示しています。

更に調理器具と連携することで
モード選択などの手間という課題を解決しています。

インターネットにつなぐと何ができるのか
この視点で物事を捉えた上でIoT化していけるかは大きなポイントです。

 

+αの技術で劇的に変わる

インターネットにあらゆるモノを繋いだ時にどんな化学変化が起きるか

これだけでも大きな可能性があるわけですが、
ここに技術を組み合わせることで更に化学反応はおきます。

これもシャープの製品を例に考えてみます。

冷蔵庫の中身を把握する
現状これは買い物メモなどのように手動での入力によるもののようです

ここに画像解析の精度が上がって
冷蔵庫内にカメラが付き中身を把握できるようになったら…

もう利便性はどんどん増しますよね
モノの識別は最近どんどん上がってますし、導入コストも下がるでしょう。
そうすると、近い将来冷蔵庫にカメラ搭載なんてこともあるかもしれません。

インターネットと繋げるだけではなく
その他の技術と組み合わせたIoT家電が販売されてくると思います

 

組み合わせは無限大

何をインターネットと繋げるか
そしてどういう使い方をするか
更にそこにどんな技術をのっけるか

と組み合わせは無限大です。

多くの組み合わせを試していくなかで
きっと世の中に大きなインパクトを残す組み合わせが見つかると思います

頭で考えててもダメで
実際にチャレンジしてみることが重要

なので、僕はいかにIoTを多くの人に体験してもらい
様々な組み合わせを実際に試してもらえるかが重要だと思っています。

 

様々なデバイスと組み合わせるIoTプロダクトが必要

僕はソニーから発売されているMESHのようなプロダクトの存在がIoT普及における鍵だと考えています

動画を見るとどんなプロダクトかは分かると思います。
僕も実際に遊んだことありますが、最高に楽しいです。

何をしようか、実際に色々試しながら遊んでました。

様々な組み合わせを試す
この経験をしたことのある人数をいかに増やせるか

今後のIoTにおける大きな大きな指標だと思います。
もっと購入コストが落ち、みんなにとって身近な存在になったとき想像もしえなかった組み合わせがきっと生まれでしょう。

MESH以外にも、ヤフーから出ているmythingsのような存在も重要です。

mythingsの場合は、IoTデバイスがなくともTwitterとLINEといったようにインターネットサービス同士の連携もできます。なので、金銭的コストはなく何かと何かの組み合わせを体験することができます。

IoTデバイスだとまだまだ金銭的コストがかかるので、何かと何かを組み合わせたらどうなるか
というのを体験するのが最初の一歩としてはいいのかなって思っています

 

さいごに

OGURIN NEWSどうでしたか?
結構記事書くの疲れました(笑)

記事は、必ず自分の見解を出すことを意識して読んでいます。
そのうえでnewspicksなどで第三者のコメントを見て、考え方の幅を広げる、ということを日々繰り返しています。

この日々の繰り返しを、ちゃんと言葉にしてアウトプットする場として今後もOGURIN NEWSを不定期ですが、更新していこうと思います。

この記事についてどう思いますか?など何かあれば、是非TwitterでDM下さい!
DMしなくても、ここまで読んでくれた人はフォローしてください(笑)

Twitterアカウント @ogu_rin89

2018年5月7日-2018年5月13日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2018年5月7日から2017年5月13日において気になったニュースです。

  日本初 運賃無料"タクシー"運行へ 「15歳起業」の若手実業家が新会社

おぐりんの一言

車内で広告を乗車者が閲覧することで運賃をタダにする、という仕組みのタクシーが近い将来生まれるかもしれないというニュース。
アイデア自体の有用性だけでなく、社長が若手起業家ということもあり注目度は抜群で株式投資型クラウドファンディングで4分30秒で5000万の資金調達に成功したそうです。
このアイデア自体は学生時代に僕自身も考えたことがあったが当時の自分には規模間がでかい(と決めつけてただけ)、白タク問題できっともめるだろう(これもちゃんと調べてないので決めつけていただけ)、という考えから動かずにいたものということもあり、ぜひとも実現してほしいです。

運賃タダのタクシーが誕生する上での大きなポイントはAIによる広告のレコメンド精度。
  • ユーザーの趣味嗜好にあった広告を提示できるか
  • タクシー下車先を甘味した広告を提示できるか
ここら辺の精度がモノをいうはず。
運賃タダというインパクトだけではなく、乗車後のアクションに良い意味で影響を与える画期的なタクシーの誕生を期待しています。
「物のエアビーアンドビー」と話題、Fat Lamaのビジネスモデル

おぐりんの一言

間違いなくこの需要はある。
買うまでではないけど、使いたいもの、って結構あってそういうものが安くレンタルできればかなり有難い限り。
一方で、家に眠ってて全く使う予定のないものもたくさんある。それを使って儲けれるなら有難い限り

こういったところがサービスの狙いだろうし、結構流行ると思う
僕らが目指しているnukumoは同じように余っている資産を利用するところは同じだが、見ている視点が異なる。
もっと近しい間柄では、わざわざお金を支払って物の貸し借りをすることはなく、タダで貸すことも日常としてあるはず。
そういった近しいな間柄でのシェアリングエコノミーを促進する立ち位置として僕らのnukumoは確立していきたい。

少し方向性は異なるけど、こういった近いしアイデアが出てくるのは嬉しい限り。
NASA、火星にヘリコプター 2020年に打ち上げ - 共同通信

おぐりんの一言

火星でヘリコプター
地球上より重力は小さいものの大気密度が小さいため揚力の確保が難しく、そのために羽の回転数を10倍にするなどの工夫をする、とのこと。

きっとそれ以外にも色んな地球上との差異があるんだろうけど、シミュレーションしてこうすれば上手く行くだろうという解のヘリコプターを持って行くのか、それとも地球から火星にあるヘリコプターの回転数を10倍から20倍に変えるなど自由度の効くヘリコプターを持って行くのか、気になった。
後者だと非常にワクワクするけど、流石に前者かな?

どちらにしろ、ヘリコプターが火星を飛んでいる、というのはかなりワクワクするし打ち上げが楽しみで仕方ない。
ニュージーランドから学ぶ"個性を伸ばす"教育--テクノロジは「あくまでもツール」

おぐりんの一言

現在ニュージーランドに住んでいる自分としてはタイムリーなニュース。
2018年1月末までニュージーランドに滞在しているので、教育に関してはしっかり観察したい

ニュージーランドにきてまだ数日だけど、日本との環境の違いは明らかで記事中にもある通り夜はお店が全く空いていない。
教育方針の違いだけではなく、こういった環境だからこその精神面での違いもかなりある気がするので、現地の人と可能な限り話す時間を作り感覚として違いを理解できるようになりたい。
ニュージーランドを去るころには、日本とニュージーランドの教育の違い、として記事書けるくらいにはなっておきたい。
新卒100人に2年間「タダ飯」を食わせるダイキンの太っ腹人材育成

おぐりんの一言

2年間タダ飯というと聞こえはいいが、要は2年間実務経験はつめないということになる。
"業務がつながる複数の部署の現場経験も交えていく方針"とあるけど、社会人を体験してみての感覚としてはやはり現場の一員として仕事をするのと、そうではないでは経験としての差は大きいと思う。

もちろん、AIやIoTの領域の知識をつけてほしいという会社側の意図も分かるし、そういった学習できる環境を用意することは重要なこと。
とはいえ、それは強制されるものとしてではなく選択肢として用意してあげる方が良いのでは?入社してすぐに実務をつけたい人もいれば、もう一度しっかり勉強したい人もいる。
これからはどれだけ社員に自由度を与えられるかが肝だと思っているので、このような方向性の制度は勿体ないっての正直な感想になります。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年11月20日-2017年11月26日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年11月20日から2017年11月26日において気になったニュースです。

  「ゾゾ」初の自社ブランド名は「ZOZO」 採寸のための"ZOZOSUIT"無料配布を発表

おぐりんの一言

とても強い衝撃を受けたニュース。現時点で、他社が同様のスーツを作ってZOZOTWONと対抗できる会社はないと思っています。というのも、通常洋服はメーカによってサイズ感が異なるため、自分の体の大きさを測るだけでは不十分で測ったサイズを、更に各洋服のサイズで適当か判断することが必要になるからです。すなわち、自分の胸囲等のサイズが分かったところで自分にフィットした服を探すには情報が足りません。しかし、ZOZOTWONでは仕入れた洋服を全て寸法し直し、zozotwon規格のサイズに変換しています。すなわち、洋服のメーカーによるサイズの違いを意識して買い物する必要は全くありません。いやー、とんでもなく衝撃的なスーツです。もちろん早速注文しました。
サービス運営2カ月弱での大型イグジット、買取アプリ「CASH」運営のバンクをDMM.comが70億円で買収 | TechCrunch Japan

おぐりんの一言

こちらも衝撃的なニュース。サービス開始たったの2ヶ月で70億円の買収。なんてスピード感なんだろう。Newspicksで買収秘話が掲載されてたけど、DMMとしては現時点で70億の価値をサービスのみにつけたわけはない、と。キャッシュの社長である光本さんに価値を抱いている、とコメントされていました。詳しくはNewspicksの記事を見てほしいが、とにかくこのスピード間で買収するDMMには驚きました。これは多くのベンチャー企業にとっても刺激を受けるニュースではないだろうか。
AIに子育ては代替できるのか?

おぐりんの一言

この手の議論は、今後も頻繁に出くわす機会がありそう。僕の見解としては、できる部分とできない部分がでてくる、です。人間にしかできない愛情を注ぐことに人は専念し、その他はAIと共存する。ようになるんじゃないかと思ってまいす。Yes or Noの議論ではなく、何がAIが得意で不得意かを考え、人間である必要がないものはどんどんAIに置き換えてOK。
鳥取砂丘で「ポケモンGO」、初日1万5000人来場 「これほど人が集まった砂丘は見たことがない」

おぐりんの一言

未だにポケモンGOのこの影響力。やっている人減ってる、というか全く見なくなったと思ってたけど、これだけのユーザがいるんだもんな。前々から言ってるけど、ポケモンGOはこういった観光地とのコラボこそ輝くと思う。今後もどんどん誘致の一環として地域とポケモン、コラボしてほしい。
ローソン、夜間の無人営業なるか?弁当や総菜への無線識別タグ適用にめど

おぐりんの一言

国内のコンビニエンスストアでも、いよいよ無人化の動きが出てきた。テクノロジーの側面としては、Amazon Goのような衝撃はなく、十分に理解できる範疇ないだし実現も問題なくできると思う。ただ逆に言えば、別に最先端のテクノロジーを屈指しなくても無人化は十分可能ということ。これをコンビニエンスストアで実用化されていくのは非常に楽しみだし、どんどん実用化してほしい。こういうの進めば、キャッシュレスも合わせて進んでいくのかな...
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年11月13日-2017年11月19日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年11月13日から2017年11月19日において気になったニュースです。

  「1億円あげる」といわれて受け取れるか 稼ぐことより、使うほうが難しい | プレジデントオンライン

おぐりんの一言

非常に面白い質問。機会があれば、同じ質問を面接でしてみたい。 ちなみに自分自身の回答としては、迷わず受け取る。そして、すぐさま全額投資します。もちろん、現段階では1億の最適な投資先というのは分からないので、必死に調べるし、その時に何かお金に困っていればそちらに多少は回すけど、基本的な考えとしては全額使う。貯金は一切しない。色んな人の考え聞いてみたいなー。
広島県知事に湯崎氏3選 共産推薦新人退け - 共同通信 47NEWS

おぐりんの一言

広島県にとって湯崎さんの存在は大きい。広島に住んだ6年間(今年3月まで)でエンジニアとしては非常に嬉しい環境へと変わった。マツダさんを代表とするように製造業の町である広島には、IT技術者のコミュニティが少いだけでなく、IT関連の起業を応援する文化がないように感じた。ITサービスの説明をする際は広告とは何かから説明が必要である、くらいだった。というのも、ついこの間までの話で、今は広島県が力を入れて様々な取り組みをしている。campsもその一つ。非常にいい流れに感じます。これも湯崎さんだからこそ、でしょう。これからの広島にも期待です。
なぜ私たちは人を殺してはいけないのか

おぐりんの一言

この手の問いって非常に重要で小さい頃から考えるべきだと思ってます。これまでの教育を振り返ると、殺しはダメだ、と一方的にルールを教えられるだけであり、そこにディベートはなかった。単に無差別に殺人を犯すのはダメだ、という理屈は割とすんなり理解できた記憶はある。ただ、自分を殺す行為である自殺や重犯罪者を殺す行為である死刑は、ありなのかなしなのか、など未だに自分の中で処理しきれていない部分もある。こういったテーマはしっかりと議論し、自分なりの解を見つける必要があるのではないだろうか。ルール(法律)を教えるのではなく、なぜそうなのか、を一緒に考える教育であるべきだと思う。
J来季から金曜開催へ DAZN「各節1試合」要請 - サッカー : 日刊スポーツ

おぐりんの一言

DAZNとして金曜開催を望むのは、分かる。とはいえ、純粋にサッカーのことを考えると、金曜開催にメリットは感じない。集客率は下がるし、選手の疲労度も増す。そういった中、行う試合はテンションの低い展開になる傾向にある。スタジアムへ足を運ぶ観客にとってベストな日程なのか、選手の疲労ケアはどう対応するのか、しっかりと議論して判断してほしい。くれぐれも目先の金銭的理由での判断は避けてほしい。
ビットコインキャッシュ、調整が行われ採掘難易度が400%上昇

おぐりんの一言

ビットコインが大暴落し、ビットコインキャッシュが高騰した、と思えばビットコインキャッシュの採掘難易度調整により、立場は反対に。儲かる方へ、マイナーが大移動を起こし、それに伴い価格も変動する。本当にこんな仕組みでいいのか?これを非中央集権と言えるのか?価格をコントロールできる人が存在している仮想通貨に本来期待していた価値は見いだせない。今は金儲けのツールでしかない...どこかのフェーズで見直しが根本的に考え直さないと、なかなか厳しいというのが感想。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年11月6日-2017年11月12日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年11月6日から2017年11月12日において気になったニュースです。

  「てるみくらぶ」山田千賀子社長らを逮捕 2億円詐取の疑い 警視庁

おぐりんの一言

てるみぐらぶの粉飾決算問題。社長である山田千賀子容疑者が逮捕されたことで、同じく粉飾問題で騒がれた東芝の社長は捕まらなかったじゃないか、と話題に。newspicks見ていると非常に勉強になるコメントがあったのでシェア。
詐欺罪は、欺もうによって相手を錯誤に陥らせ、それによって財産を交付させる犯罪です。 てるみくらぶは粉飾決算によって銀行から現金を騙し取ったという容疑なので詐欺罪での逮捕ですが、東芝は粉飾決算で金銭を騙し取っているわけではないので、詐欺罪とはならず、金商法違反です。 東芝のケースでなぜ逮捕されないのかを比較するとしたら、ライブドアでしょう。 菅野 朋子さん
なるほど。同じ粉飾決済でも対象となる罪が異なると。こういう知識ないと粉飾決済を全て同じフィールドで議論しがち。こういうコメントは非常に有難い。
Perfume、東京/NY/ロンドンの3拠点に分かれて、遠隔のパフォーマンスを披露『FUTURE-EXPERIMENT VOL.1 距離をなくせ。』

おぐりんの一言

結構衝撃を受けたニュース。Perfumeが人気な理由がこれだけでも伝わってくる。何が凄いって、技術的な同期と同期した踊り。技術がないと始まらない企画でもあるけど、そもそもPerfumeが互いの動きを見ずとも息を合わせて踊れることが大前提。かなり難易度の高い取り組みだと思う。動画みて思わずかっこええーっと叫んじゃいました。技術的なことが気になる人は関係者の話がYouTubeにアップロードされているので、ここを参考にすると良いと思います。
ヤフオク!、転売目的のチケットを出品禁止に

おぐりんの一言

転売目的かにかかわらず、転売は禁止にすべき。本当にチケットを欲している人が正規の値段で購入できないのは大問題。これは日本に限った話ではなく世界中で言えること。チケットを購入し、使用できなくなった場合は購入先に返す。そして購入先で正規の値段で買い手を探し、見つかれば全額ペイされ、見つからなければチケット購入代は一切返ってこない。これでいいと思う。俺がチケット販売を行うなら、こうする。欲しい人のもとに届かないチケットって、誰のためにあるのよ、って話。
ハウステンボス、電子通貨「テンボスコイン」を導入 まず社員向けに

おぐりんの一言

現段階では電子マネーと変わらないけど、そのうち仮想通貨にしますよ、とのこと。ハウステンボスの人気に伴い価格変動が起こったら面白いな。人気がないときは安くいけて、人気があるときは高くなる。おもしろい。あとはこういったことは、色んな施設が行ってきてもおかしくないので、そうなったときにユーザにとってはいちいち通貨を保有するのは面倒。なので、現地でQRコードを読み取れば瞬時にハウステンボスコインゲットできるとか、それくらいの利便性あるツールを作っていかないとなー。現時点で、仮想通貨の取引は遅いし、課題は山積み。
Twitterに「1ツイート3万5000字」可能なバグ。発見者はフォロワーのTL崩壊招いたとしてアカウント停止 - Engadget Japanese

おぐりんの一言

アカウント停止にせずネタにすればいいのに。というのは置いといて、自分がユーザだとしたら、真面目に何事かと思う。流石にTwitterのバグを疑う。この人もせっかくなら、ツイートする内容考えればよかったのに(笑)この人このあとどうなったんかな?Twitterに雇われたら面白いのに。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年10月30日-2017年11月5日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年10月30日から2017年11月5日において気になったニュースです。

  「72時間TV」元SMAP3人と森且行で「視聴者数6000万人」キー局真っ青 | デイリー新潮

おぐりんの一言

累積7200万を超えたとのこと。何人が見た、という数字ではないにしてもすごい数字。ただ、全く同じことをキー局でやっても同等以上の数字は出たと思う。もちろん、キー局が同じことできるのか、という問題はあるけど。5人揃ってないとはいえ、SMAPのメンバーが再出発、そこに価値があるからこその数字なんだと思います。それにしても、最後のライブのシーン、スマスマの最後とは対照的で非常に楽しそうに歌ってた。 個人的には、また5人揃うところを見たいです。
爆破予告相次ぐ 京阪三条駅、松坂屋高槻店、広島・宮島フェリーにも トランプ氏来日で厳戒のなか

おぐりんの一言

トランプ大統領が来日しているのは都内。一方、爆破予告が相次いでいるのは西日本。どういった関係性があるのか。今のところ実被害は出ていないようだけど、本当に爆破が起こったらと思うとぞっとする。最近のヨーロッパのこともあるし、どこかの馬鹿が騒いでいる程度には思えない。トランプ大統領来日との関係性はあるのか、そもそも容疑者は誰か、早急に特定をお願いしたい。
カプセルホテルに似たホテルが、地方を再生させるかもしれない (1/5)

おぐりんの一言

地方再生を考えるときに重要な要素はたくさん挙げられるけど、その一つに、お金を落としてもらう、ってのがあると思う。素敵で安価なカプセルホテルがあるから最悪一泊してもいいか、と夜遅くまで飲む、ことは考えらる。特に若い人やサラリーマンは、終電後の宿泊にお金をかけたくないはずなので、安価であることはマスト。ただカプセルホテルはな、って思う人も結構いるはず。ただ、ここは写真を見る限りかなりいい感じだし、これならむしろ泊まってみたい、と思う人すらいそう。こういったカプセルホテルがあることで終電逃しの宿泊への抵抗が減り、夜までお酒を飲む機会が増え、結果地域にお金が落ちる、という循環が生まれるってのは十分にありそうだなって記事読んで感じた。
イケハヤ氏のブログがアクセスしてきたユーザーのPCを使って勝手にマイニング - はらですぎ

おぐりんの一言

これは好き嫌いがはっきり分かれる事象だな。coinlabのコードに誤りがあり、って下りはここでは触れるつもりはなく、気になるのは人のPCを使って収益化を行うというモデルについて。数カ月前に海外で同様の事例が発生したとき、僕は天才だ!とニュースにコメントしました。そこからも分かるように、僕はこの発想は非常に好きです。利用していないCPUを使用して、収益を稼ぐ。不快な広告よりもよっぽどユーザにやさしいと思ってます。ただ、嫌う人も多いんだろうな。きっと人の何かを使って、というモデルは嫌われる傾向にあるんだろうな。
FIFAが「ワールドリーグ」設立を検討! 親善試合の廃止に伴い実施か? | サッカーキング

おぐりんの一言

どのくらい本気で検討しているのかは分からないけど、強く反対。昔はよく各リーグから抜粋したリーグ作ったら面白そう、とか考えてたけど、選手の負担が増え、リーグ戦でのパフォーマンスは低下してしまう可能性大。そうなっては本末転倒。親善試合は親善試合の価値があるだろうし、有効に使ってほしい。本音はもっと親善試合の数を減らしてほしい。トップ選手は結構疲労すごいと思う。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年10月23日-2017年10月29日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年10月23日から2017年10月29日において気になったニュースです。

  NHKが約3,300件のクレジットカード情報を紛失

おぐりんの一言

クレジットカード情報の流出に限らず、個人情報が流出する。これは今後も色んな場面で生じる可能性が高い。セキュリティに100%はないので、どうしても流出のリスクはある。もちろん、各社そのリスクを下げるためセキュリティ強化には力を入れているだろうけど、それでも色んな要因で流出する可能性はある。セキュリティレベルの高い情報を第三者に預けるユーザ側の認識も高めて行かないといけない。流出する可能性はある、前提で信用にたる会社なのか、など各自で判断して個人情報を預けるなりするべき。
トンネルにミイラ化遺体 茨城・土浦(産経新聞) - goo ニュース

おぐりんの一言

トンネルにミイラ。流石に衝撃を受けた。それだけ長い期間、遺体が見つからなかったのか。はたまたミイラになった遺体を運び込んだのか。どちらにしろ、自分が発見者だとしたら、その状況を理解するのにかなりの時間を要するだろうな。
「メリー」が11月21日に再開決定、記事公開までの厳正なチェック体制も用意

おぐりんの一言

WELQ問題により、メディアを閉鎖していたメリーが復帰するようです。メリーと言えば、若い女子の間で大人気だったキュレーションサイト。成功した要因の一つに、SEOを徹底的に意識した記事の大量生産が挙げられるけど、再開後のメリーでは「MERY公認ライターおよび編集部が執筆した記事のみを用い、法令に基づく各種確認を経て公開する」らしい。そうなると、これまでのスタイルとは変わったメリーになる可能性は十分あり、どう復活していくのか、楽しみ。それにしても再開に関して批判的な意見が多く、びっくりした。確かにやり方には問題もあっただろうし、批判が出るのも仕方ない。ただ人気があったのも事実。僕はどうなるのか、気になるので応援したい。MERY公認ライター、募集者殺到するだろうなー。
「モテクリエイター」誕生の裏に人知れぬ苦労あり。ゆうこすと椎木里佳が語るSNSのリアル | AdverTimes(アドタイ)

おぐりんの一言

ファン(人気)を増やす、これからの重要なキーワードだと思う。SNSが流行りフォロワーという概念が生まれ、フォロワーが多いとリーチできる数が多くなるのでインフルエンサーとして価値が生まれた。とはいえ、あくまでリーチできる数であり、リーチした人がどれだけその人のファンなのか、まではフォロワーでは測れない。認知があっても人気がないとなかなかアクティブなユーザはついてこない。ファンが多い人は何をやるにも応援してくれる人がいる。認知と人気、これらの違いを理解していくことは重要だろうな。
Jリーグで来季から"鎖骨スポンサー"導入 クラブは大幅増収も

おぐりんの一言

記事を見たときの衝撃といったら...マネタイズがあまりにも思考停止していて絶句した。肋骨にスポンサーを入れることで、どれだけの効果があるのか。Jクラブから要望が上がっていたようなので、企業からの要望もきっとあるのだろう。でも、ユニフォームってチームにとって非常に重要な存在であり、それを買いたいと思うファンもたくさんいる。それを考えたときに、ユニフォームに広告が増えることって好ましいのだろうか?企業に本当にメリットがあるのだあるのだろうか?少なくとも僕は、広告だらけのマンチェスターユナイテッドのユニフォームは買いたくないです。僕はマンチェスターユナイテッドが好きで、マンチェスターユナイテッドのユニフォームが欲しいんです。デザイン的にもイケてないし...
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年10月16日-2017年10月22日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年10月16日から2017年10月22日において気になったニュースです。

  IS標ぼうの「イスラム国家」事実上崩壊 ラッカが陥落 | NHKニュース

おぐりんの一言

大きな進歩。だけど、テロはまだまだ続く。こういった思想はどうやったら生まれないのか。考えてても、なかなか答えが出ない。そもそも、どうやったらその考えになり得るのか理解の範疇を完全に超えている...世からテロをなくしたい、という思いがある反面、あまりにもテロを行う人の気持ちが分からな過ぎてアクションの取りようがない。人類にとって大きなテーマ。
戦後最低は前回の「52.66%」 衆院選の投票率、今回は? | THE PAGE(ザ・ページ)

おぐりんの一言

台風の影響もあってか22日の投票率は低い模様。とはいえ、大雨のなか選挙をしに足を運ぶ、ネット社会においてこんなあほらしいことがあるかと。なぜネット投票を認めないのか。導入したくない政党がいるといった政治的理由なのか、秘密保護の問題ないのか、分からないけどそろそろ手を打つべきではないだろうか。国民が政党をしっかりと評価するためにも、投票の仕方、の見直しが急務に感じる。
人工知能Adobe Senseiの画像処理が凄すぎてAdobe MAX 2017の会場は狂喜乱舞に - ICS MEDIA

おぐりんの一言

人工知能は人々の創造性をより価値あるものへと手軽にするツールである、そういった未来を感じる発表だった。ただただ凄い、と感心した。よくAIは人間の仕事を奪う、といった不毛な議論をするよりも価値を生むためのツールとして捉え、どう使えばもっと価値を創造できるか、にフォーカスし妄想を膨らませた夢ある議論をしたい。ツールを上手く使いこなせないから、AIに仕事を奪われるなんて心配をしないといけなくなる。奪われるんじゃなく、AIを使ってもっと自分の価値を高めよう!
NewsPicks佐々木紀彦に聞く「5年後、メディアは稼げているか」 | AdverTimes(アドタイ)

おぐりんの一言

サブスクリプションモデルが今後収益の主流になる、という点は個人的にも同意。ただ、その場合これまで以上に無料の重要性は増す。キングコング西野さんの書籍革命のファンファーレにあった収益のタイミングをずらす、が本当に的を得ていて、サブスクリプションモデルもいきなり有料でお金を払う人はいないので(それまでの実績があれば別)、無料という枠組みを使いどうファンを増やし、サブスクリプションへ繋げるか、が重要だと感じている。あと話は大分変わるが、昨今どんなメディアを作るにもアプリに目を向ける。ただアプリというプラットフォームの上で戦うとGoogleやAppleへの手数料が発生する。これって非常に無駄なお金。アプリのメリットが次第に薄れていく今後において、メディアの戦いはアプリではない、と思っている。
ホリエモン「保育士の給与が低いのは誰にでもできる仕事だから」発言で物議 「保育士馬鹿にしてる」「言っていることは正しい」

おぐりんの一言

誰でもできる、ってのは何をもってできると判断するのか、その基準が気になった。ただやるだけなら、世の中結構な割合の仕事が誰でもできる。堀江さんの発言に対する批判の多くが、物事の認識のずれによって生じているように思う。これって非常に議論として不毛。前提としての言葉の定義であったり、そういったものを把握せず議論したところで時間は不毛に過ぎていく。ところで、この話題に真面目に突っ込むのであれば、仕事の難易度ばかりでは給与ははかれないと思ってる。実際問題、保育士は給与低すぎだし、もっとどうにかしないといけない。保育問題は大きな課題の一つ。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年10月9日-2017年10月15日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年10月9日から2017年10月15日において気になったニュースです。

  眠気のメカニズム――「現代神経科学最大のブラックボックス」の解明と、創薬に挑む | Mugendai(無限大)

おぐりんの一言

睡眠のメカニズムを解明してほしい。8時間寝ないといけない自分みたいな人間がいる一方で、4時間でいいという人間もいる。仮に両者の起きている時間のパフォーマンスに差がないとするならば、明らかに後者のほうが得をしている。自分の場合は、8時間寝ないと日中な作業に影響を与えるので睡眠を減らすという選択肢はないが、そもそも寝方が悪いのかもしれない。なぜ人によって必要な睡眠が異なるのか、それともそれは誤りで寝方が悪いだけなのか。是非とも解明してほしい。
ビットコイン、時価総額10兆円に ドコモや三菱UFJ超え | ダイアログニュース

おぐりんの一言

ビットコインと国内上場企業の時価総額を並べると、トヨタ、NTT、ソフトバンクに次ぐ額。こういう見方、新鮮で面白いな。ここ数カ月の価格上昇はすさまじく、本当にギャンブル状態。正直何も読めない。仮想通貨は現在、金儲けのツールとしての利用になっているけど、本来はそうではなく通貨としての役割を果たしていかないといけない。その役割を担うときは必ず来ると思っているので、それまでは気長にギャンブルを楽しもうと思う。現金化はしない、スタイルで。
Facebookで宅配サービスの利用が可能に

おぐりんの一言

広告と上手く連動させると面白そう。時間帯と位置情報(家にいるか)からターゲティングしたユーザに宅配サービスの告知をだし、FB内で決済まで済ませてしまう。そういう世界観を作れたら、かなり価値ありそう。家でゴロゴロFB見ているときに、宅配サービスの広告流れたらついつい注文しそう。FB動画も流行っているし、気軽に見れる動画をどんどんタイムラインに流して、気づいたら13時。もう飯を食べに行くのはめんどいな...ってところに広告。これ買う人結構いるんじゃないかな?
ヘリコプターのライドシェアサービス「CodeShare」がサービス開始、東京から成田は20分5万9800円 | TechCrunch Japan

おぐりんの一言

ヘリコプターの領域にもシェアサービスが誕生。現状、ヘリコプターの稼働率は15%らしい。その原因としては貸し切り料金でしか使えなかったことが挙げられるとのこと。貸切だと値段が結構するところ、このシェアサービスでは東京〜成田空港だと5万9800円とかなりの格安。確かに一般の人が使うには高いが、このくらいの値段なら一度体験してみたい程度で使用する人もいそう。自分も一度は試してみたい、と思ったけど高いとこ苦手なので使用することはないだろうな...
Amazonが留守宅のドアロックを一時的に解除して商品を届けるサービスを検討中

おぐりんの一言

不在による再配達や置き配での盗難被害を解消する解決策としては、少し強引のように思う。記事中の動画を見た感じでは確かに便利な側面もあるけど、家の中に入られたくない人が一定数いる上に、そもそもスマホへの通知に気付かなければ、再度再配達になるわけで最善手とは思えない。それよりもコンビニ受け取りのように受け取れる場所を増やすほうが良い気がする。受け取り場所が増えれば、ある条件下では受け取り場所を自由に変更できる、というのも便利。自宅配達にしてたけど用事できたから、帰り道のコンビニに変更、など融通が利くと便利そう。ともかく、色々解決策はあるように思う。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年10月2日-2017年10月8日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年10月2日から2017年10月8日において気になったニュースです。

  「ベーシックインカム」で年金を廃止する希望の党

おぐりんの一言

希望の党がベーシックインカムを公約に掲げたことで、「ベーシックインカムの是非」について考えるようになったのではないか。まだまだ認知度的にも十分とは言えない言葉だけに、この公約が持つ意味合いはでかいと思っている。年金などの既存社会保障を撤廃し、ベーシックインカムに統一することのほうが良いことに対しては反対する人は少ないのではないだろうか。どうやったら財源を確保し実現できるか、そういったポジティブな議論が広がることを願いたい。
2017年ラスベガス・ストリップ銃乱射事件 - Wikipedia

おぐりんの一言

早速、wikipediaにも掲載されている今回の事件「2017年ラスベガス・ストリップ銃乱射事件」。ビル32階から銃が乱射された。正気の沙汰とは思えない。アメリカで銃を保持できることは有名な話だが、こういった事件が起こってもなお、銃の保持を許可し続けるのか。何かしらの策を考え、二度とこういった事件が起こらないように対策を取ってほしい。銃規制をかけたときに一番怖いのが、既に銃を保持している人が大勢いるということ。その銃をどうやって回収するのか。一部の人だけが保持して、という構図は危険。一体どうすれば、世の中から殺人は消えるのだろうか...
データでホテルの適正価格を自動算出、「MagicPrice」運営の空が8000万円調達 | TechCrunch Japan

おぐりんの一言

市場や近隣イベント状況などに応じてホテル料金をいくらにするか考える、そういったことを人間がやるのは非常に脳みその無駄遣いだと思う。もっとどういうおもてなしでお客様に価値を提供するか、などそういったところに頭を使いたい。そう考えたとき、このサービスがホテル業界に貢献する影響度は計り知れない。かなりの時間を価値提供を考える時間にシフトできる。もちろん、代表の言う通り適正価格を日単位で決定できるというメリットも大きく、増収も見込めるだろう。大袈裟かもしれないが、ホテル業界が大きく変貌するきっかけを作るサービスになり得る気がしている。かなり期待。
急成長のメルカリ社長、子会社社長がダブルで育休取得へ

おぐりんの一言

この決断を会社トップができる、非常に素晴らしい。逆に言えば、トップ不在でもチームが機能する組織づくりができている証拠。育児休暇を取れる環境にするためには、トップダウン型でしか動けない組織ではダメだろう。というか、もうトップとかボトムとか、そいった概念の組織ではなくしていく必要がある。トップが育児休暇を取った、ただそれだけのニュースなんだけど、ここから多くの組織は組織の在り方を考え直さないといけないと思う。
VR30台同時接続。コネクティッドカーを「共体験」

おぐりんの一言

30人同時接続によって、色んな幅が広がる。30人で仮想世界を共有できる体験によって、どういった化学反応が起きるのか。そろそろ、仮想世界で友達と遊ぶ、的なアプリケーションが流行り始めてもいいころかな。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年9月25日-2017年10月1日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年9月25日から2017年10月1日において気になったニュースです。

  センスの良い個人が普段着をコーディネートしてくれる「Pick box」のβ版公開、dress boxと二軸でファッションのシェアエコを実現 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

おぐりんの一言

ファッション関連のサービス最近どんどんでてきてる。市場としても、課題の多さ敵にも、参入する価値は十分にある分野だからなー。個人にあったコーデをしてくれる、という点では「サイズや予算、好きなスタイル、好きな⾊などのアンケート」でコーデする服を選ぶのは判断材料として少なすぎるのでは?その人の顔つきや雰囲気、そういったところまで踏み込まんでこそ、だと思う。あと、こういうのってターゲットユーザって誰なんだろう?ファッション感度高い子は使わないだろうし、低い子はお金払いたくないだろうし。うーん...
ユーザーが送料を決める!? 「ゾゾタウン」が"送料自由"を試験導入

おぐりんの一言

送料自由、という新しい試み。自分で価格設定ができるらしく無料も設定できるとか。たいていの人は無料を選択するだろうけど、自分みたいなめんどくさがりはデフォルト設定の400円を常に払い続けるだろうな。ところで疑問点が二つ。一つ目、運送会社との契約はどうなっているのか。恐らく比率でzozozoと運送会社で分ける?二つ目、送料を支払うことでの特典はあるのか。きっとないんだろうけど、即日配達などそういう特典あると嬉しい。何にしろ、面白い試みなのでどうユーザが価格を設定するのか楽しみ。たくさん送料支払った人に宅配業者の人が「ありがとうございます」と会話が生じたら非常に面白い!
宿泊予約サイト「Booking.com」はユーザーを操っているとする指摘

おぐりんの一言

嘘ではないけど、モラル的にどうなの?って問題。嘘はつかないように言葉巧みにユーザにお得感を示唆させる、ってのは良くある話。サービスとして、どう捉えるか次第であり、ユーザに誤解を招くようなことはさける、であればこういったことはしないだろうし、そうでなければするだろう。個人的にはこの手のことはサービス判断で良く他者が問題だ問題だと騒ぐ必要はないと思う(もちろん、うそはダメ)。ただ、こういったモラルに反することを続けているとユーザは離れていく可能性はあるので、サービス運営者はしっかり考えてアクションすべき。
AmazonがTwitterを買収するとこんなにいいことがある4つの理由 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

おぐりんの一言

個人的には日本企業に買収してほしい。特に希望はyahooかサイバーあたり。理由はそれぞれ以下の通り。yahooの場合はソーシャルデータが少ないから。買い物やニュース閲覧傾向など色んな分野のデータを確保しているけど、ソーシャルなサービスを持っていないのでソーシャルデータがない。今後ソーシャルデータは間違いなくデータの中でも重要な立ち位置を占めると思っている。次にサイバーの場合は、ソーシャルとの相性が良さそうなコンテンツがたくさんあるから。twitter上に、abemaの動画流したり、awaの音楽流したり、などなど。とにかくtwitterがもっと楽しい場になり得るんじゃないかな、と予想。一応補足しておくと、面白そうレベルの発想なので、ビジネス的に考えて買収すべきかどうか、って判断は一切していません。
夢のない理系

おぐりんの一言

非常に嫌いな論調。特に大学時代遊びほうけている人が商社にいって30歳くらいで年収1000万程度になる、ことを引き合いに出すあたり。別に大学時代遊んでたか、なんてどうでもいい。ここで論点にしたいのが、理系に夢がないことであれば、そこだけにフォーカスすれば良いのであって、わざわざ商社言った人を批判するような発言をする必要性が全くない。そもそも理系は夢だらけだよ。会社に属すること前提な時点で、視野狭すぎて話にならない。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年9月18日-2017年9月24日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年9月18日から2017年9月24日において気になったニュースです。

  ドバイでしょうゆ「禁止」 想定外のその理由...当局の不可思議な対応 - withnews(ウィズニュース)

おぐりんの一言

食の知識があるわけではないけど、日本食の多くにお酒を使用しているイメージがある。お酒を使っているからこその風味や味わいがあるけど、それを食べてもらえないのは非常に残念。どうにかならないかな。こればかりは、宗教上の問題なので仕方ないか...
人気サイトがアクセス数の多さを利用し閲覧者のCPUパワーで仮想通貨マイニング、広告に代わる収入源になるか?

おぐりんの一言

色んな人が言っているように勝手にやっているのは問題だとは思うけど、Webサービスの収益モデルとして広告ではなく、仮想通貨のマイニングという発想は非常に素晴らしいと思う。広告へ嫌悪感が増す昨今において、一つの新しい収益モデルとなり得る。Webサービスの収益モデル=広告という規定概念以外の収益モデル、を示してくれたと捉えると、これだけ話題になったのはとても良いことのように感じる。これを機に色んな人が新しいモデルを模索し始めるだろうし、もちろんユーザのCPUリソースを使用した仮想通貨のマイニングにチャレンジする人も出てくるだろう。いい流れが生まれる気がする。
月額1980円で飲食店の売れ残りをゲット! 食品ロスを減らすアプリが年内にサービス提供開始

おぐりんの一言

ずっと言われてきたことだけど、飲食店の売れ残りって非常に勿体なく、この手のサービスを考えたことがある人って山のほどいると思うんだよね。この「Reduce Go」は事前登録ユーザに4000人から応募があったということで、非常に楽しみ。月額制なのもシンプルで分かりやすいし、店舗側のこともよく考えてある印象。今は持ち帰りだけのようだけど、余剰品を店内で召しあがっていただく、が実現されて、かつ宅配までできるようになったら、迷わず登録するなー。近い将来、飲食店を売れ残り店から選ぶ、って人もたくさん出てくるかもしれない。
一時代の終焉:Amazon「1-Click 注文」の特許が失効 | DIGIDAY[日本版]

おぐりんの一言

ずっと、この特許には不満だったので失効を迎えて本当に良かった。AmazonのKindle購入時に「1-Click注文」の素晴らしさは痛感しているので、今後他のECも導入しもっと一般化されてくればと思う。特許って本当に考え直したがいいんではなかろうか。企業にとっては価値あるものかもしれないけど、それによってユーザに還元されるメリットって何があるんだろうか?テクノロジーやビジネスモデルに特許認めることは、進化の速度を低下させるだけのように感じる。
【保存版】2年間で180社以上の採用広報を手がけて掴んだノウハウ、全てお話しします | HR NOTE [HRノート]

おぐりんの一言

ストーリーテリング。これは採用広報以外でも利用できる場面は多そうだと感じた。ストーリーに共感して何か刺激を受けることって多々ある。例えば、同じような背景を育ったあの人にできているなら、とか。自分自身が新卒一年目ということもあり、色んな人の入社理由を聞く機会は多いけど、自分自身の背景と会社の魅力を照らし合わせて決断している人が多い印象。ストーリーを大事にした広報って非常に重要なんだろうな、と改めて実感した。採用活動っておもしろいよなー。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年9月11日-2017年9月17日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年9月11日から2017年9月17日において気になったニュースです。

  現役高校生のスマホ事情 「LINEの需要は減った」と語る彼女たち~多様化するスマホでのコミュニケーション方法を聞きました~ |

おぐりんの一言

女子高生の意見は非常に勉強になる。Line Conference 2017のことを考えると、まだ一部部分の人の意見に過ぎないのかもしれない。とはいえ、彼女らの言っていることはどれも的を得てるので、このままだとLineの使用頻度やシェアが下がっていく可能性は十分あり得ると思う。女子高生の利用の仕方は常に追っかけておきたい。流行りも女子高生に聞くとすぐにわかる。女子高生=市場。
工学系の大学が6年制に? 文科省が検討 | 財経新聞

おぐりんの一言

大学院を卒業して半年。大学生活6年間を通じて感じた工学系を学ぶ人間にとっての大学の価値は、研究室の設備と優秀な先生方に意見を聞けることくらい。逆に、無駄な講義は多く時間を無駄に消費している感は尋常じゃなかった。なので、まずカリキュラムの見直しをしてほしい。1-3年目の座学なんて基本的に不要。あんなの自分で調べればできるし、全ての講義を動画にしてほしい。もっと解のないものへの思考時間を確保してほしい。大学1年から研究室配属してほしかった。
ゼンリン「ドローンの"空の道"構築する」

おぐりんの一言

本格的にドローンでの配達が始まれば、空の交通の整理や規制が必要になってくるのは明らか。なので、本格化する前に、日本地図最大手のゼンリンが、空の地図の構築に手を出すのも自然な流れに感じる。ただ、ゼンリンが日本地図で優位な立場だからといって、空の地図を作る上で有利な存在になるかどうかは分からない。ドローンに力を入れている楽天をはじめとしたIT企業との熾烈なシェア争いは今から楽しみ。
ヤフーが「乗換案内」の履歴で駅の混雑予測 ビッグデータ活用検討

おぐりんの一言

なるほど。確かに先のことを検索する乗換案内の履歴を使えば、混雑具合を予測できる。肌感覚的にも、乗換案内を使っているユーザは多いので、この予想は精度よくできそう。同じ行先でも混雑具合に応じて、ルートの変更を提案してくれる、ところまで来ると嬉しいかも。
90歳以上、初の200万人突破 働く高齢者、最多の770万人 - 共同通信 47NEWS

おぐりんの一言

90歳を超える方が200万人もいるのか。すごいな。自分の周りには誰一人90歳を超えている人がいないだけに実感がないけど、非常に喜ばしいこと。とはいえ、分かっていたことだけど今の年金体制では厳しいのは明白なのでしっかりと対応していく必要がある。長生きできてかつ、健康でお金に困らず楽しく生活できる、を実現しないと!
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年9月4日-2017年9月10日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年9月4日から2017年9月10日において気になったニュースです。

  医者専用インスタ「Figure 1」の衝撃、医療のクラウドソーシングは何をもたらすのか

おぐりんの一言

たった1枚の画像を医師間で共有し、意見を仰ぐことで救われる命もある。医療情報の共有はプライバシーの問題もあり、難しいイメージがある。このサービスも記事最後にある通り、プライバシーの問題が一番のネックになりそう。患部の画像から個人を特定することはできないし、自分が患者ならどんどん共有してほしいと思う。むしろ、死ぬ可能性があるなら個人情報漏れるくらい全然OKだけどな。患者のサインを義務付けるなどして、プライバシー問題をうまくクリアにして医師間で医療情報の共有がどんどん可能になっていけばと思う。
最先端のパーソナライズ戦略で利益を最大化している8つの企業

おぐりんの一言

この記事の面白いところは、どの企業もパーソナライズに最先端技術を使っているわけではなく、誰でも利用できるツールを使っていること。つまり、現時点の技術でパーソナライズはある程度できる、ということ。にもかかわらず多くの企業ではそこまで手が回っていない。今後パーソナライズの重要性が一般的になってくるにつれ、何も最先端技術のみが成せることではなく、工夫一つでいくらでもパーソナライズ化はできる、ということを示すサービスがどんどん出てくるはず。
Google Tripsがついに日本語に対応、旅行の計画がさらに簡単に | 財経新聞

おぐりんの一言

Google Tripsの日本語対応。これは嬉しい限り。メインとなるスポットさえ決めれば、あとはある程度自動でプランをレコメンドしてくれる。勿論カスタマイズも可能。なんと理想なアプリケーションだろうか。Googleが強いな、と感じるのはGmailユーザの多さ。ホテル予約サービスを持たずとも、Gmailを使って予約してくれれば、いつどこに予約したかが分かる。これは非常に重要なデータで、このサービスもこれを上手く使ったものになっている。データがあるから、どんどんいいサービスがでてくる。
山田孝之、新ブランドでのクラウドファンディング利用に批判殺到!?

おぐりんの一言

芸能人がクラウドファンディングをすると、何故か批判が起きる。理解に苦しむ。クラウドファンディングっていつから資金力がない人のためのものになったんだ?別に何かを起こそうとしている人を応援したいと思う人がいれば成り立つのが、クラウドファンディングの素晴らしいところであって、有名な方だと資金が集まりやすいのは当然のこと。別にそこに対して、支援しない人がどうこういうのは違う。なんで日本ってこうもしょうもない批判をするのかね。
ネタバレサイトの運営者逮捕 『ONE PIECE』など発売前に掲載し広告収入およそ3億円(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース

おぐりんの一言

ネタバレサイト関連のニュースを見るたびに、集英社はネットで無料公開してしまえば良いのに、と思う。これは想像で事実を調べたわけじゃないけど、ジャンプを買う人って、(1)長年の習慣、(2)複数見たいものがある、に大きく分けられる。逆にネタバレを見る多くの人は、(2)の逆でワンピースだけとか、1つ2つのみ見たいのがある人だと思う。1つ2つしか興味のない人は正直お金を払ってジャンプを買うとは考えにくい(単行本はあり得る)ので、もはやジャンプがオンラインで公開して、そこに広告とかマネタイズの仕組みを組み込めばいい。わざわざ本家が無料で公開してくれているのに、ネタバレを見にいく変わり者もいないだろうし、自然とネタバレは淘汰されていくはず。もしくは、思い切って単行本以外ネットオンリーにしてしまうとか。結構最近ジャンプは毎月定額払ってオンライン購読しているけど、満足してる。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly

2017年8月28日-2017年9月3日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年8月28日から2017年9月3日において気になったニュースです。

  呑気にJアラート批判の日本人は日米開戦前夜にそっくりだ

おぐりんの一言

記事タイトルは誇張に感じるけど...それはさておき、Jアラートの存在に対する批判は理解できない。危険があるなら、それは伝えるべきだし、伝えられることでできるアクション(物陰に隠れる、手で頭を覆う、など)もあるはず。っで、問題なのは日本を通過してから鳴り響くこととJアラートが作動しないケースがあったこと。両者ともテクノロジーの問題であり、ここは早急に対応してほしい。日本の上空にミサイルを飛ばされて、ただ成り行きを傍観するだけ、といったことだけはやめてほしい。
日本のドラマがこの10年で急速につまらなくなった、本当の理由(田崎 健太)

おぐりんの一言

確かに他の国に比べ、地上波放送後の収益モデルが日本のドラマには欠けているんだろうな。最近疑問なのは、なんでドラマにしろ映画にしろ、地上波で公開した後YouTubeなどで公開しないんだろうか?広告収益も入るし、どんどん公開していけばいいのに。結局収益を作り出さないと、作品にも俳優にもお金がまわらなくいいものは作れなくなる。悪循環...テレビ局はもっと新しい収益モデルを考えたが良いだろうな...
フェイスブックの元重役が教える、仕事を辞めるタイミングを知る方法

おぐりんの一言

結構、じわっときた。始めるより、やめるほうが難しいと考える今日この頃。どんな環境にいても成長はできる、と強く信じているけど、その反面自分の気持ちにうそをついた行動を続けていると精神的につらくなるし、そのうち後悔するときがくるような気がする。「その思いに嘘はない?」って非常に重い言葉で、なかなか自信をもってYesとは答えられない。考えさせられる...
複業が複業を呼び込むプラットフォームの先にある働き方の未来|最新の働き方|【瓦版】

おぐりんの一言

これから副業(複業)が一般的に受け入れられ、一つの会社のみで働く人は減っていくだろう、とは思う。だけど、副業を推奨するがあまり、義務化してしまう会社がでてくるとは...副業禁止の会社は論外という考えの人間だけど、だからといって副業を義務化する必要性がよく分からない。これからは如何に自由を社員に与えられるかだと思う。何かを強制する、というのはやめようよ。副業禁止も副業義務もやってることは本質的には、さほど変わらない。
タバコ吸わない社員に「有休」増やす ユニーク制度企業に効果を聞いてみると...

おぐりんの一言

喫煙者は非喫煙者に比べ(タバコを吸うため)休憩時間が多い、ということで非喫煙者には有給休暇を与えるという制度。全くイケてない制度だと思う。この制度は、「労働時間=対価」という考えの延長線上に成り立つものであり、単に思考が停止しているように思えてならない。労働時間だけで、対価を考えるのはいい加減やめようよ。いつタバコを吸うかは、その人の自由だし、それによって生産性が挙がる、と言うのなら好きなだけ吸えばいい。難しいのは重々承知だけど、こんなしょうもない制度を導入するくらいなら、もっと時間軸以外で評価する方法を人事は考えるべき。
  以上、5つのニュースが気になりました。 それではまた来週。  

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック!

follow us in feedly