広島で初めてVR Game Jam in Japan を開催しました。
これまでは東京、大阪、沖縄の3会場で開催されていたVRJamですが、4回目となる今回は新たに広島と石川を追加し全5会場で開催されました(これまではOculus Game Jam の名で開催されていました)。

開催2ヶ月ほど前に、たまたまUnity Technologies Japanの方と知り合ったことをきっかけにイベント開催に向け動き出し、様々な方のご協力のもと広島で初のVR Game Jamを開催できました。そんな広島会場の様子を振り返ってみたいと思います。

このイベントでは、事前に応募された企画案から興味のあるものを選び組まれた2名以上のチームで、30時間と限られた時間内でVRゲームを開発します。広島会場では事前に、ゲーム案を考えるアイデアソンを実施し、そのアイデアを元にチーム編成を行いました。
(参照ページ: 第4回 VR Game Jam in Japan 広島 で作られるゲーム案を考えよう!

当日、広島会場で編成されたチームは8チーム。
VR Game Jam 広島 チーム
広島大学、広島工業大学など広島の大学生やウェブ関連の仕事をされている方、岡山からわざわざ足を運んでくださった方などエンジニア、デザイナーなど30名の方に参加していただきました。
何名か同じ服を着ていますが、これはPhotonさんから協賛していただいたTシャツです!Photonさん、ありがとうございました。

チーム編成後は各チームに分かれ、30時間の開発タイムに入ります。
VR Game Jam 広島 開発風景
黙々と作業を行うチーム、ホワートボードを使いアイデアのイメージを固めるチーム、何やら難しい数式を解き始めるチーム…各チームそれぞれが30時間後の完成に向け、開発を進めます。
チームによっては夜間の寝る間を惜しんで開発に励みます。途中、開発が上手く進まず困っている際には互いにサポートし合ってました。

30時間の開発が終えると、各チーム成果報告を行いました。
VR Game Jam 広島 発表風景
各チームの発表にみんな真剣に耳を傾け、どうやって作成したのか、何を利用したのか、など質問も飛び交いました。30時間という短い開発時間のため、理想に比べ開発が追いつかなかったとは思いますが、どのチームも体験できるレベルまで仕上げており、中には非常にクオリティーの高いものもありました。

最後はみんなで試遊会を行い、互いの作品を体験しました。
VR Game Jam 広島 試遊会
広島で初めて開催されたVR Game Jamでしたが非常に盛り上がりました。学生も社会人も入り混じってのチーム開発は日頃は中々経験することはなく、楽しかっただけではなく学びも多かったのではないかと思います。VRはまだまだメジャーではありませんが、このようなイベントを通じ多くの作品が生まれVR界隈が盛り上がっていけばと思います。

第4回 VR Game Jam in Japan 広島会場

会場 起業・創業サポートオフィスport.inc ポートインク
開催日時 2015 11/28 10:00 – 11/29 17:00
運営メンバー 尾倉 侑也(広島大学)
笠原 拓也(広島大学)
尾坂 甚伍(広島工業大学)
岡本 拓也(広島工業大学)
参加者 30名
協賛 Unity Technologies Japan G.K
Photon
関連リンク Sharefl 柳谷さん:製作プロダクト紹介(URAONI GOCCO)
PANORA VIRTUAL REALITY JAPAN:東京会場レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です