2016年6月18日、19日に、Japan VR Hackathon 2016 【広島会場】を開催しました。今回のハッカソンは、MoguraVRNoitom Ltd.Perception Neuronが主催であり、HSCは広島会場の運営を担当させて頂きました。

全国7会場(東京、大阪、石川、岡山、広島、福岡、沖縄)で同時開催し、30時間で各チームが一つのVRコンテンツを作りました。各会場にデバイス提供やVRデバイスのスペックを満たすPC提供などがあり、広島会場でも、豪華なデバイス提供がありました!広島会場で提供されたデバイス、Perception NeuronとHTC Viveを紹介します。

 

Perception Neuron

20万円台の低価格モーションキャプチャー。全身の動きはもちろんですが、指の細かな動きも計測することができます。ハッカソン前の事前調査ではほとんどの人が使用してみたいという人気でした!

 

HTC Vive

VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の一つ。他のHMDとの大きな違いは、位置トラッキングができること、です。これは体験してみると分かりますが、かなりの没入感を感じることができます。

 

さて、ここからは広島会場の様子を紹介していきます。
みんなで元気よく気合を入れて、ゲーム制作を開始しました。参加チームは、チーム参加の4チーム、個人参加者8名で構成された1チームの計5チームでした。ちなみに参加者の中には、山口から来られた方もいらっしゃり大変うれしかったです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA


 

まずは、各チーム提供デバイスであるPerception NeuronとHTC Viveを使用するかどうかを話し合いまいした。とくにチーム間で使用したいデバイスが被ることもなく、2チームにそれぞれのデバイスを提供することができました。そこからは各チームで役割分担をして、30時間後のコンテンツ完成に向け制作を進めます。

どのチームも面白いアイデアを形にすべく、一生懸命開発を行っておりました。中には寝る間を惜しんで開発を進める人もいました。

vr_hackathon_dev

昨年のVR Game Jamをきっかけに結成されたURAONIチームは、今回も参戦し印を結び、技を発動する忍者ゲームを作りました。これは、Perception Neuronを使うことで、手の形を識別するというものです。

広島大学の友達同士でチームを組み参戦したチームは、プレゼンをVR空間で行うことで、観衆への緊張を和らげたりとプレゼンスキルを磨くツールを開発していました。大学生がまさに直面している課題を解決するツールだと思います。このチームでは、HTC Viveを使用することで、教室内の移動やレーザーポインタを再現していました。

個人参加者で結成されたチームは、エンジニアの数が足りないながらもハコスコで手軽に体験できるコンテンツ作りを行っていました。

 

30時間のゲーム開発の後は、各々の作品の発表や体験会を行いました。どの作品も面白く大変盛り上がりました!

vr_hackathon_team

実は、このハッカソンではテーマ「日本らしさ」が与えられ賞をかけて全国のチームが競いあっていました。
広島会場から受賞作品は….

 

なんと僕がいたチームが受賞しました(笑)
商品はOSVRとAmazonギフト券でした。ちなみに、後日、Noitomさんからインキュベータプログラムのお話を頂き、PCとニューロンを支給して頂き開発を続けています。

▼ 賞をとった作品「しのびて」
しのびて|NINJA ESCAPE

 

デバイス提供や賞があるハッカソンをHSCで運営したのは今回が初めてでしたが、運営メンバーや参加者の皆さんのおかげで無事に終了することができました。どのチームも素晴らしく非常に刺激を受けるイベントでした!

ここから、開発を継続し一つでも多くの作品がブラッシュアップされることを期待しています。

 

Japan VR Hackathon 2016 【広島会場】

会場 広島工業大学 五日市キャンパス
開催日時 2016 6/18 10:00 – 6/19 17:00
運営 Hiroshima Student Community
運営メンバー 尾倉 侑也(広島大学)
花房 亮 (広島大学)
白石 大紀(広島大学)
島田 愛音(広島大学)
岡本 拓也(広島工業大学)
三島 冠太(広島工業大学)
参加者 25名
主催 MoguraVR
Perception Neuron
Noitom Ltd.
協賛 Unity Technologies Japan G.K Proライセンス・バウチャーカード
Perception Neuron デバイス提供
HTC Vive デバイス提供
ドスパラ PC提供
マウスコンピュータ PC提供
関連リンク Japan VR Hackathon 公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です