2016年5月2日-8日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2016年5月2日から2016年5月8日において気になったニュースです。

GoogleのプレゼンテーションツールGoogle SlidesにQ&A機能が加わる…オーディエンスとのコミュニケーションを円滑に | TechCrunch Japan

おぐりんの一言
簡単に使ってみたけど、かなり便利。手を挙げて質問という形式が難しい場合や発表の内容を視聴者がよく理解できなかった場合に有効に使えそう。その質問の内容を見ながら、発表者も言い回しを自由に変えれるので発表のクオリティも向上すると思います。実際に、どこかの発表の場で使ってみたいな。

 
発達障害などで通級指導の子ども9万人余 過去最多 | NHKニュース

おぐりんの一言
達障害者の子は小中と同級生にいた。だけど、当時の自分は僕らと何も変わらない、同じだと思ってたからこそ、何でそのくらいもできないんだよ、とかそういったことを言って苦しめていた。それがそのうち見下すようになって…今となれば、そんな対応は絶対にしないけど、僕と同じことをしている子たちに何と声をかけると理解してもらえるか分からない。障害者じゃない人への教育もかなり重要であり、障害者の方が増えているのであればこそ、しっかりと教育をしていくべき。とはいえ、障害者をどう捉えていけばよいのか、それを小さい子に教えるのはかなり難しいだろうな。

 
ソニーがカメラ内蔵コンタクトレンズの特許申請、まばたきで絞り調整・オートフォーカス・シャッターを操作

おぐりんの一言
カメラ関係の技術は何もカメラにしか使えない技術じゃないよね。考え方次第ではいくらでも応用先はあるはず。ソニーはそこら辺が勿体ない。と思ってたら、このニュース。これはスゴい。視力を自分の瞬きで調整できるし、ピントも変えれる。実用化されたら、とんでもないことになりそう。人に機会を埋め込む、こういう試みは今後もいっぱい出てくるだろうな。ただ、疑問なのはこういうのってどうやって実験するんだろう。絶対被験者になりたくない。

 

 
社員のワークスタイル変革の加速に向けて就業規則を変更

おぐりんの一言
日本マイクロソフトの就業規則が変更になったというニュース。これまでの在宅勤務制度も日本ではかなり珍しい制度で素晴らしいと思うけど、新しいテレワーク制度ってのは更に素晴らしいというか、これ以上は無理だよね、ってくらいの制度な気がします。これだけでも、かなり魅力的な会社。働き方もかなり多様化してきている昨今、副業禁止の会社や就業規則がガチガチの会社が大半。日本の会社もどんどん就業規則を変えていってほしい。てか、日本で事業を開始して30年も経つんだね…

 

レスター奇跡の優勝達成!時系列でその感動が分かる、下馬評や特集記事の一年間の変化総まとめ – F Lab.

おぐりんの一言
今シーズンのプレミア王者が決まりました。日本代表の岡崎が所属するレスターがまさにジャイアントキリングをやってのけた。世界中のだれもが開幕前は予想できなかった結末です。この快挙を見て思うのは、中学生からプレミアを毎週見るようになって結構な年月が経ったけど、こんなにプレミアが日常にある年はなかった、ということ。きっとレスターに岡崎がいなければ、また違っただろう。ただ、岡崎経由で全然いいから、プレミアを少しでも見る人が増えると嬉しいし、選手ではなくクラブを好きになるともっとフットボールが楽しくなるよと言いたい。ユナイテッドをこよなく愛する青年より。

 

以上、5つのニュースが気になりました。

今読んでいる本のなかに以前書いた記事に近い表現があったので紹介しておきます。

私は、特定の会社に依存することなく生きていける。つまり自分だけでも稼げる力こそが本当の意味での「安定」だと思うのです。

もともと公務員で30代で起業されてスモールビジネスで成功されている方の本から抜粋しています。
ここに気付けている人とそうではない人ではかなり大きな差になると思います。会社に属するにしても個が重要な時代です。こういう本が多く出版され気付く人が増えるといいなと思います。
書籍を紹介しておきますので、良かったら読んでみてください。

 

それでは、また来週。