2017年3月13日-2017年3月19日の気になったニュース

毎週、気になったニュースを5つピックアップする。
今回は2017年3月13日から2017年3月19日において気になったニュースです。

 

作業は『URLを入れる』だけ。MSの全自動FAQ bot会話生成サービス “QnAMaker” 試してみた – BITA デジマラボ

おぐりんの一言
昨年くらいからチャットボットがバズワード化しているけど、ここ最近は導入事例もよく聞くようになってきました。導入事例で使われているサービスを見てみると、NTTドコモのRepl-AIは対話をカスタマイズしていく形のようで、これでもかなり便利なわけだけど、URLを入れるだけで作れるマイクロソフトのQnAMakerの便利さは凄すぎる。基本的に自治体なんかは、FAQをまとめたサイトなどは所有しているだろうから、そこから簡単にボットを作れる。いやー、素晴らしいな。細かな設定は手作業でカスタマイズするけど、おおまかなところは自動で生成してくれる。まだまだ完ぺきではないにしろ、今後使われそうなサービスですね。

 
YouTubeが360度映像の品質改善に取り組んでいる

おぐりんの一言
VR動画を配信できるプラットフォームが増えている今、画質改善の取り組みによる差別化を行ってくるあたり流石のGoogle様です。どうしても画像の端の部分がVRでは荒くなるので、そこをどうやって改善するか。それがYouTubeの通常機能として実装されると、YouTubeに上がるVR動画の画質は改善されることになる。それはかなり大きな利点。手ブレ補正の機能もほしいところ。コロプラの360°ChannelはHMDを持つVRユーザ、Vimeoはクリエイター志向の強いユーザをユーザ層としてのプラットフォームだろうし、それぞれに特徴が出てき始めているなといった印象。プラットフォーム争いも面白くなりそう。

 
6秒で完璧な歯磨きができる「3Dプリントの歯ブラシ」|WIRED.jp

おぐりんの一言
こんなんで本当に歯がきれいに磨けるの?特に動画みると3Dプリンタで作った歯形側を動かすのではなく、自分で歯を動かして歯磨きする感じだし、あやしい(笑)赤い液たらして歯磨きできているかチェックするやつ使って検証してみたい。自分で動かすって発想ではなく、3Dプリンタ側が動いてくれるのであれば、かなり正確に歯磨きできそうだなってのは何となく思うので、今後安くなることに期待です。3Dプリンタが普及したことで個人に適した型を使って色んなことが楽にかつ正確に行えるようになってくるんだろうな…

 

 
【速報】東大生が受賞!かつてTwitter、Airbnbが受賞した登竜門

おぐりんの一言
今年のSXWSも面白そうな作品が色々とあって、現地に行っていた知り合いがFBを更新するのを楽しみにしていました。STUDENT部門で受賞したのが、東大生とのこと。受賞チームのリーダ自身が義足であり、その彼が義足を作る。素晴らしいなと思います。研究室の関係で電子義手に触れる機会は多かったのですが、正直まだまだ課題も多い分野。今後の発展が楽しみです。

 
Android版「Gmail」でお金の受け渡しが可能に–まず米国で

おぐりんの一言
これは、かなり便利。割り勘や給与など使う場面は色々とありそう。こういった既にユーザを確保しており、ネットワークを構築済みの企業が一気に本腰入れてくれると普及するのかな…ただ、ウォレットサービスは様々あって、それらの互換性がないのはかなり不便なので、各ウォレット間での連携も進めて行かないといけない。

 

以上、5つのニュースが気になりました。
それではまた来週。

 

Feedlyに登録して毎週OGURIN NEWSを欠かさずチェック! follow us in feedly