IoTの普及に必要なこと。自由な組み合わせが生む可能性。

久しぶりのOGURIN NEWSです。

これまでは、ニュースに対してのコメントを1週間分まとめて記事にする、っていうのを行っていました。

過去記事
2018年5月7日-2018年5月13日の気になったニュース
2017年10月30日-2017年11月5日の気になったニュース

ただ、更新は完全に途絶えてしまっていて
OGURIN NEWSの方向性どうしようかな…って考えてたんですが、毎週更新は辞めることにします。

 
今後の方向性としては、
一つの記事について、がっつりと自分の考えを書く(不定期)
とします

では、早速今回のコラムです。

 

業界初のIoT冷蔵庫

今回ピックアップしたのは、シャープらから業界初のIoT冷蔵庫が販売される、というニュース

調理器具にレシピ送信…業界初の「IoT冷蔵庫」発売へ シャープ

タイトルが少し誤解を招きかねないんですが、
IoT冷蔵庫が業界初というわけではなく、冷蔵庫と調理家電を連携できる点が業界初だよ、とのことです。

この冷蔵庫と連携可能な調理家電を使えば
冷蔵庫の中身に応じて献立を提案してくれるという何とも楽しそうな機能です

 

既に販売されているIoT冷蔵庫はどんなもの?

シャープから既に販売されているIoT冷蔵庫は
COCORO KITCHEN」という文言で売り出している製品で
献立・買物のお悩みを冷蔵庫がアドバイスしてくれるというもの。

YouTubeに公式の動画がありました!

冷蔵庫のドアについたモニターを通じ
献立や買い物の提案などをしてくれるというもの

スマホと献立情報を共有できるので、買い物先では選んだ献立に必要な材料を確認しながら購入できるようです

 

新しい機能は何がパワーアップしたのか

この冷蔵庫に機能追加という形で
調理家電との連携が可能になるとのことだけど、それによって何が嬉しいのか

記事に書いてあるのは以下

冷蔵庫が庫内の食材を元に献立を提案する機能で、利用者が献立を選ぶと、冷蔵庫が調理家電側にレシピを送り、細かな設定をせずに調理に取りかかれる

産経ニュースより一部引用

調理器具側の設定が不要になる、と。
~モードとか設定しなくて済むんでしょうね。これは便利!

どんな設定があるのか
気になって一応調べてみました…あれ…

操作特にない?
ボタン押すだけ?簡単やん!(笑)

と思ったら、案外面倒でした。
説明書(P14-15)によると、カレースープ、煮物などカテゴリーと時間の設定が必要とのこと。

なるほど、この設定は作るものに依存しているので、冷蔵庫のモニターを通じ作るものを決めれば、その調理内容にあわせて設定してくれる、ってことか!

確かに、手間は減るので便利!

 

冷蔵庫×IoTは他にもこんな面白いものもある!

Ovie Smarterwareってご存知ですか?
おー!と思わず感動したプロダクトです。

冷蔵庫の中にあるものって、結構食べれなくなって捨てたりしてませんか?
それを解決してくれるもので、この会社のビジョンととても一致している素敵なプロダクトです。

Ovie was founded with a clear goal: reduce food waste.

Ovie Smarterware公式より引用

Alexaと連携できるのもなかなかいけてますよね

 

IoTの今後

記事中にあったシャープの製品しかり、Ovie Smarterwareしかり、まだまだこれからのプロダクトです。
今後どんどん様々な機器のIoT化が進み、インターネットに繋がっている、が当たり前な世界になると思います。

では発展途上のIoTの世界は今後どう進化していくのか。
僕の見解を述べて行きます。

ようやく本題です(笑)

 

インターネットに繋いだら何ができるかが重要

インターネットと繋いで
どんな情報を提示するのか、どんな課題を解決するのか
この観点が非常に重要です。

今回紹介したシャープの製品でいえば、
まず冷蔵庫の在庫を把握することで献立という情報を提示しています。

更に調理器具と連携することで
モード選択などの手間という課題を解決しています。

インターネットにつなぐと何ができるのか
この視点で物事を捉えた上でIoT化していけるかは大きなポイントです。

 

+αの技術で劇的に変わる

インターネットにあらゆるモノを繋いだ時にどんな化学変化が起きるか

これだけでも大きな可能性があるわけですが、
ここに技術を組み合わせることで更に化学反応はおきます。

これもシャープの製品を例に考えてみます。

冷蔵庫の中身を把握する
現状これは買い物メモなどのように手動での入力によるもののようです

ここに画像解析の精度が上がって
冷蔵庫内にカメラが付き中身を把握できるようになったら…

もう利便性はどんどん増しますよね
モノの識別は最近どんどん上がってますし、導入コストも下がるでしょう。
そうすると、近い将来冷蔵庫にカメラ搭載なんてこともあるかもしれません。

インターネットと繋げるだけではなく
その他の技術と組み合わせたIoT家電が販売されてくると思います

 

組み合わせは無限大

何をインターネットと繋げるか
そしてどういう使い方をするか
更にそこにどんな技術をのっけるか

と組み合わせは無限大です。

多くの組み合わせを試していくなかで
きっと世の中に大きなインパクトを残す組み合わせが見つかると思います

頭で考えててもダメで
実際にチャレンジしてみることが重要

なので、僕はいかにIoTを多くの人に体験してもらい
様々な組み合わせを実際に試してもらえるかが重要だと思っています。

 

様々なデバイスと組み合わせるIoTプロダクトが必要

僕はソニーから発売されているMESHのようなプロダクトの存在がIoT普及における鍵だと考えています

動画を見るとどんなプロダクトかは分かると思います。
僕も実際に遊んだことありますが、最高に楽しいです。

何をしようか、実際に色々試しながら遊んでました。

様々な組み合わせを試す
この経験をしたことのある人数をいかに増やせるか

今後のIoTにおける大きな大きな指標だと思います。
もっと購入コストが落ち、みんなにとって身近な存在になったとき想像もしえなかった組み合わせがきっと生まれでしょう。

MESH以外にも、ヤフーから出ているmythingsのような存在も重要です。

mythingsの場合は、IoTデバイスがなくともTwitterとLINEといったようにインターネットサービス同士の連携もできます。なので、金銭的コストはなく何かと何かの組み合わせを体験することができます。

IoTデバイスだとまだまだ金銭的コストがかかるので、何かと何かを組み合わせたらどうなるか
というのを体験するのが最初の一歩としてはいいのかなって思っています

 

さいごに

OGURIN NEWSどうでしたか?
結構記事書くの疲れました(笑)

記事は、必ず自分の見解を出すことを意識して読んでいます。
そのうえでnewspicksなどで第三者のコメントを見て、考え方の幅を広げる、ということを日々繰り返しています。

この日々の繰り返しを、ちゃんと言葉にしてアウトプットする場として今後もOGURIN NEWSを不定期ですが、更新していこうと思います。

この記事についてどう思いますか?など何かあれば、是非TwitterでDM下さい!
DMしなくても、ここまで読んでくれた人はフォローしてください(笑)

Twitterアカウント @ogu_rin89