尾倉 侑也 (おぐら ゆうや)
1992年、福岡県生まれ。2017年、広島大学大学院工学研究科卒業後、Yahoo! Japanにエンジニアとして入社。入社の1年後に退職し、2018年5月より「シェアで周る経済プラットフォーム」nukumoの立ち上げと共にニュージーランドへ渡る。また、株式会社ワールドエリアネットワークスの取締役も担う。大学時代は確率モデルに基づく動画像解析を用いた医療診断システムの構築に関する研究を行うとともに、広島県で初となるVRハッカソンや広島県で開発されたデジタルコンテンツを体験できるイベント「はてなワールド」などのイベントを主催。
Works

Events

 

やりたいことをやる。全部やる。

おぐりん(尾倉侑也)の座右の銘
やりたいと思ったことを全部やる。どんなに時間がかかっても全部やる。

おぐりんがやりたいこと。何年かかっても全部やる!

僕は幼少期の頃から、やりたいこと以外には本当に手を付けたくない人間でした
学校の掃除も、合唱コンクールの練習も、嫌いでそれをあからさまな態度に出すので、自己中と呼ばれることも多々

今思うと、掃除自体が嫌いなんじゃなくて、僕の気分は完全に無視して「はい、今から掃除です」と半強制的にされるのが嫌だったんだと思います。

そんな幼少期を過ごした僕も成長の過程で大人になり….
ということはなく、今も相変わらずやりたいことしかやりたくない人間です

唯一幼少期と変わったことは、やりたいことは全部できると本気で信じるようになったこと
僕を構成するとても重要なマインドなので、じっくりと背景ふまえ自分のマインドの解説をしていきたいと思います。

 

バイク事故。1カ月の入院生活。

大学一年の冬。バイク事故にあいました。
死ななかったことが本当に幸運だったと思える事故。

全身麻酔の手術を受け、約1カ月の入院生活を送りました。
楽しいはずの冬休みを病院のベットで過ごすのは結構堪えました。

その一方で死ぬかもしれなかった、という現実が色んなことを考えさせてくれ
今振り返ると大きな転機だったな、と実感しています。

何が自分はしたいのか
これからの大学生活何をしたいのか
事故にあったことで迷惑をかけてしまったことの親への罪悪感

本当に様々なことを考えました。
とはいえ、将来何をしたいか、なんて決めれないし、とりあえず今やりたいと思うことをやろうって決めてアクションすることに

東京のイベントに参加する
イギリスに行く
外国人と交流する

とにかくアクションしてみました

 

アクションすることで見える景色

イギリスに行ったことを少しだけ詳しく書きます

僕はマンチェスターユナイテッドが好き、ということもあり
ずっとイギリスに行ってみたいと思っていました

ただ英語が不得意で当時の自分は行くことに怖さを感じてました
言語が通じない地で楽しめるのか、という

ちなみに英語がどのくらい不得意だったかというと
センター試験の模試でリスニングが2点(50点満点)をとるくらい苦手でした
未だに僕より悪い点数を取ったことのある人に出会ったことがないです(笑)

ところが実際に行ってみると、どうにでもなった
確かに自分の英語力だと満足のいくコミュニケーションはとれないけど、それでもジェスチャー使えばどうにか意思疎通はできる

言葉は怪しいけど
日本ではない環境から受ける刺激
大好きなユナイテッドの試合を見れる喜び

本当に最高なイギリス生活でした

自分にとって少しハードルのあることをちょっと頑張ると
新しい景色が見え、今までハードルだったことが大したハードルではなくなる

これが、このとき学んだ大きな大きな気づきでした
今では海外に行くことは何のハードルでもなくなり、海外に住むことすら何の抵抗のない人になりました。

 

やりたいことが山ほどある

色々アクションしてみて気づいたのは
あ、おれってやりたこと山ほどあるんだってこと

小さいことから大きいことまで
やりたいことが山ほどある

そして、やりたいことをやっているときは本当に生き生きしている

やりたいことだけをやって生きれたら幸せだなー

そう思ってからは
やりたいことだけをやるためにはどうすれば良いか
を必死に考え日々アクションしてきました

 

一つに絞りなさい、に感じる疑問

やりたいことをとことんやろう、と決めてからそれを第三者に話すと
決まって言われるのが

全部やるのは無理だから、やりたいことは絞りなさい

何でですか?全部やりたいんですけど。
今もですが、到底理解の出来ない考え方です。

やりたいこといっぱいあるんだから、どうしたらやれるかを考えればいいだけであって
何でわざわざやることを絞らないといけないのか

よし、この指摘は無視しよう
現に彼らは複数のやりたいことを実現するチャレンジするしたことない人

チャレンジもしてない人に言われることをいちいちうのみにしてても仕方ない

やりたいことをやる。全部やる。

こんな経緯で生まれた座右の銘です(笑)

 

ストレスある環境からは逃げる

座右の銘が自分の中ですっきりきてからは
とことんやりたいことをやるための環境を作っていきました

一番意識したのはストレスある環境から逃げること
ストレスあると、やりたいことをやる、っていうモチベーションに影響が生まれる

同じようにやりたいと思っている人と一緒にいたほうが
やりたいことのできる可能性も高まると思ています。

もっと逃げろ!逃げることは何も悪くない。ストレスフリーな環境へ。

ストレスある環境 = やりたくないことをしないといけない環境
である率は結構高かったので、
ストレスある環境から逃げると自然とやりたくないことをする機会は減ってきました

今は全くしていないと言っていいほどしていないです

 

一人では何もできない

大学生活を通じて、最も学んだこと
一人では何もできない

一匹狼だった僕にとって、これを実感できたことは本当に大きな変化です
やりたいことをやるために、
アクションしていると色んな人から協力してくれる

そして何かを成したとき
協力してくれた人の存在の大きさに気付く

これを繰り返しているうちに
あ、結局一人の力だけれでは何もできないんだな

正確には、仲間と力を合わせることで
一人ではできないこともできるようになるんだな

こう感じてからは僕のアクションの仕方は変わり
どう仲間と共にやりたいことを実現していくか、を考えるようになりました

人と人との繋がりの重要さ、は本当に大切にしていこうと思います
僕の出会ってきた人々は積極的に繋げていきたいし、
であってきた人とはしっかりと関係性を気づいていきたい

そうやって「やりたいことをやる。全部やる。」を達成し続けたいと思います。

 

終わりなき旅

恐らく、僕のやりたいことが尽きることはないです
なので、座右の銘「やりたいことをやる。全部やる。」が達成されることも正直ないと思います。

無限に生まれてくるやりたいことを可能な限りやっていく
そうやって死んでいけたらと思います。

やりたいことをやって生きています
っと今後も旨を張って言える人生にしよう、そう思います。

 

さいごに

おぐりん、は今後もやりたいことをやり続ける人生を謳歌します

ストレスがなく
毎日やりたいことをできている

今もですが、今後もずっとそんな人生を歩みます

最後まで読んでくださりありがとうございました
是非、一緒に何か面白いことやりましょう!

Twitter問い合わせからでも、気軽に連絡して下さい。
お待ちしております!!